「写真の見せ方」で、あなたの気持ちを表現する

プロフィールビデオでつかう写真には、お二人のいろんな思い出があると思います。
赤ちゃんのとき、幼稚園、小学校の入学、卒業のとき、だれと写った写真を使うのか、また誰が撮った写真なのか。

家族との写真、親友との写真、旅行先での1枚、試合での瞬間、お世話になったひととの写真など内容によって伝えたいところは違います。

「赤ちゃんの顔とおばあちゃんの顔が、よくわかるようにしたい」
「背景も見てほしい」
「一緒に写っている友達の中で、披露宴にきてくれる人をズームする」

自分でつくるとしたらどう映したいですか? 試作見て,教えてください。

集合写真でも、「こんな仲間とがんばりました」なのか「このクラブでがんばりました」では見せ方がかわります、全員が誰かわかるようにつくることもできますし、ズームアップで全体のなかから、顔がわかるところまで見せることもできます。
見せたいところまではすばやくうごいて、後はゆっくり見せる。

単なるズームアップやアウトだけでは、30枚以上の写真をみるにはアキます!
こんなこまかい部分の設定で、新郎新婦の気持ちを表現できることがプロフィールビデオでは大事です。